大学生が春休みに入り、高校3年生も余裕ができる2月は、教習所の混雑もピークになります。こうした忙しい時期を「繁忙期(はんぼうき)」と言いますが、通学の教習所の場合が教習車の予約がかなり取りにくくなります。合宿免許では旅行と同じように時期によって料金の変動があります。中でも2月の繁忙期は、年間でも一番料金が高い時期です。

しかし、比べてみると、その中でも安い料金でプランを提供している教習所もあります。今回は、2月に合宿免許に参加する際の注意点や、実際の格安プランと割引の上手な使い方をご紹介します。

2月の合宿免許は、いつ頃申し込めば予約できる?

2月の合宿免許、安いプランの予約を確実に取るには、いつ頃から申し込めば良いのでしょうか。そのタイミングとテクニックをご紹介します。

2月の合宿免許予約は10月頃からスタート

2月出発の合宿免許予約の開始時期は、【9月下旬から10月頭】。このタイミングなら安いプランも相当数残っています。可能であれば、この時期に申し込みをしておくと条件に合うプランが見つかる確率が高いでしょう。
11月から12月末までは合宿免許予約のピーク。この時期に安いプランの多くが完売してしまいます。年明け以降は比較的高めのプランの案内になることが多いため、できるだけ年内早めにお申し込みください。

年明けから見つかるのは比較的高めのプラン。

年が開けると、春休みの予約申し込みのピークが始まります。この時期の問い合わせの数はとにかく凄く、サイトから申し込みや電話をしても空室照会は順番待ち状態。希望に合う空室が少なく返信にも時間がかかりますのでご了承ください。数少ない条件がいい空室は、複数の方に送って先着順での申込みになることもあります。

年明け以降のタイミングでは、日程重視の場合教習代金をATで35万円程度まで見込んで頂くと空室提示できる可能性が上がります。料金を重視される場合は、1月の入校や卒業が4月にかかる日程を検討ください。

このように、お得なプランを提供している合宿所は人気が高く、予約が埋まるのも早いです。希望する合宿免許所に申し込めるように、計画的に動きましょう。

予約の裏技「無料キャンセル期間」 を活用。

「何ヶ月も先の予定わからなくて予約できない!」という方も多いでしょう。その場合の裏技もあります。「このあたりなら、たぶん行けるだろう」という日程の安いプランを見つけたら、とりあえず予約してしまうのです。
合宿免許をキャンセルする場合、日程によってキャンセル料が必要になります。 アイテック免許で予約のキャンセルに手数料がかかるのは入校日の20日前から。21日前までなら無料でキャンセルできますので、早い段階で理想的なプランを見つけたらまず予約。 行けなくなった場合は、21日前までにキャンセルの連絡をしましょう(分かった時点で早めにご連絡頂けると助かります)
※お申込み後、教習代金の中からお申込み金として15,000円の入金が必要です(教習代金30万円だとすると、お申込金15000円、残金285000円となります)。残金のお支払いは入校の14日前がお支払い期限です。
※入校21日前までにキャンセルした場合、申し込み金は返金されます(返金にかかる振込手数料のみご負担ください)

2月の合宿免許の空室が見つからない!
見直すポイントは?

2月の合宿免許の空室がなかなか見つからないという方、「見つかりにくい条件」で探しているのかもしれません。どんな条件だと見つかりやすいのか知っておきましょう。

同行する人数・同室の人数が多いケース。

合宿免許の宿泊施設の部屋は、1~2名部屋(シングル・ツイン)が多く、3名以上になると極端に少なくなります。そのため、空室が少ない状況で「5人同室貸し切り希望!」といった場合空室を探すハードルが上がり、ご案内できない場合もあります。また、5人いると5台の教習車が空いている必要がありますが、混雑する時期ではかなり困難です。この場合、2名・3名で別の部屋や、別の宿泊施設、場合によっては、2名・3名で別れて別の教習所も検討すると確率が上がります。

参加者の免許種別がMT/AT混ざっているケース

MT/ATの方が一緒に入校するケースはよくあります。しかし、空室が少なくなっている状況だと空きを見つけにくい原因になることも。
合宿免許では、入校日を「①ATのみ入校の日、②MTのみ入校の日、③AT/MT入校両方入校の日」と3種類に分けているケースがあります。MT/ATで同じ入校日を希望した場合、③の日しか選べないことになり、空室のハードルが上がります。この場合、「MTの人が先に入校して2日後にATの方が入校」など卒業のタイミングを合わせるなども想定してみましょう。
混雑している時期は、免許種別が同じ人と組む方が空きを見つけやすくなります。 AT/MTが混ざった申込みの場合、ツイン・トリプルの同室よりも、シングルで分かれる方が空きが見つけやすい場合もあります。

参加者が男女混ざっているケース

合宿免許は基本的に「勉強しに行く場所」です。そのため、宿泊施設を男女で分けているケースが多く、中には「男性のみ入校・女性のみ入校」という教習所もあります。
「女性の部屋の空きはあるけど男性の空きが無い」といった場合、ご案内できなくなってしまいます。「男女同じ宿泊施設で!」という希望でも若干ハードル高めになる場合もあります。 男女の宿舎が別になる場合も検討しましょう。
彼氏・彼女と一緒に合宿免許入校するには、「カップルプラン」があります。男女同室可能ですが部屋数が極端に少ないため、早期に完売してしまいます。無い場合は、「シングル×2」など妥協も必要です。

割引を活用して少しでも安く

料金の高い2月の合宿免許、できるなら少しでも安くしたいですよね。
教習所の中には、割引を用意している場合があります。安くなるチャンスを見逃さないためにも割引について知っておきましょう。

グループ割(グル割)

グループ割(グル割)とは、指定された人数以上で同時に申込・同時入校すると、料金の割引や卒業時にキャッシュバック(返金)が受けられるものです。
多いのは、3名以上から適用ですが、中には2名から適用可能な教習所もあります。
例えば、「3名以上の申し込みで一人につき5000円(税込)割引」、「5名以上で一人につき7000円キャッシュバック」などです。同じ人数でも金額額が違う場合もあります。

早割

早割とは、教習所が決めた期日までに入校の申し込みをすると割引が適用されるものです。条件は教習所によってさまざまですが、「○月✕日までの申込み」「入校の2か月前までの申し込み」といった記載があります。

早めの申し込みで割引やキャッシュバック対象になるほか、希望通りの宿舎を選ぶことができるなどのメリットが多いためオススメです。

学割(学生割引)

学生(高校生・専門学校生・高専生・短大生・大学生)が対象の割引です。申し込み時に申請が必要で、ほとんどの教習所で入校時の学生証持参が必要になります。学割を実施している教習所は実施している教習所は早割・グループ割よりも少ないです。

「グループ割」「早割」「学割」の3つの割引は併用可能な場合もあり、1万円以上節約できることもあります。上手に使いましょう。

合宿免許での注意点

合宿免許は、教習所に通学できない人を対象にしているため、入校可能なエリアに制限があります。教習所のある都道府県に住民票がある場合、入校ことができないケースも多くありますので事前に確認ください。。住民票、本人確認書類、印鑑、(学生証)を忘れた場合は入校できないので、必ず持って行くようにしましょう。
また、友達と参加した場合、試験に合格できず一人だけ延泊することになってしまう可能性もあります。あくまでも「運転免許取得」の勉強ですので、遊びたい気持ちは少し抑えて日頃の復習を欠かさないようにしましょう。

まとめ

学生の人気が集中する2月の合宿免許でも、キャンペーンを行っている教習所に申し込んだり、割引を併用したりすることで普段よりも安く行くことができます。早めの予約をすることで早割が適用されるだけでなく、希望通りの宿舎で快適に合宿生活を送ることも可能です。春休み3か月前を目安に予約を済ませ、余裕をもって合宿免許の準備をしましょう。