「免許を取得したい」と思い立った際に、まず考えるのがお金のこと。自動車の普通免許は約30万円程度かかり、学生の方などが簡単に用意できる金額ではありません。そこで活躍するのが運転免許取得資金の「ローン」です。
「ローン・分割払い」とは、大きな金額を一度に支払うのではなく、返済の期間を決めて月々分けて支払うこと。手元に大きなお金が無くても大きな買い物が可能ですが、分割期間が長くなるほど高い利子がかかります。とはいえ、自分が支払える範囲の金額をに分割払いを利用することで無理をせずに免許の取得ができるのは大きなメリット。お金が貯まる前に、免許取得に取り掛かることができます。

今回は、合宿免許でローン・分割払いが可能か、また運転免許ローンやその他の支払い方法について詳しくご紹介します。

運転免許の支払い方。ローンってどんなもの?

すぐに運転免許を取りたいけど、今はお金が無い!という場合。「貯まるまで待つ」訳にもいきませんので、「借りる」か「分けて支払う=分割」といった選択になると思います。今回は、借りたお金を分割で支払える「ローン」の説明です。
支払いにローンを利用すると、①いまお金が無くても支払える(教習所に通える) ②月々、払える範囲の金額を毎月返済して行ける。といったメリットがあります。
ローンとは「自分に代わって先にお金を支払ってくれる」もの。ローンが通れば教習所にお金を全額払い終えることができます。また、借りた額の返済の期間や毎月の返済金額を設定できるため、免許取得を急ぎたい人には非常に便利です。
でも、借りた額には「利子・金利」が発生し、その分がローン会社の利益になります。ローンの利子は支払期間が長い(月々の支払い額が少ない)ほど高くなりますので、幾らまで支払えるかを考えながらできるだけ短い期間で支払いを終わらせる計算も必要です。
またローンの利用には事前の審査があるため、必ず利用できるものでもありません。万が一審査に通らなかった場合、「クレジットカード払い」か「銀行振込」でのお支払いをお願いすることとなります。
基本的に、高校生の方が申し込む場合親権者の方の代理でのローン申請が可能です。18歳以上の未成年でも親の同意があればローンを組むことができます。

アイテックでは、お支払に4つの方法を用意しています。

  • ① 銀行振込
  • ② アイテックトラベルでの店頭支払い
  • ③ クレジットカード払い
  • ④ ドライバーズローン

このうち、銀行振込や店頭払いは「一括」分割ができません。分割で支払いたい場合、③のクレジットカードでの支払いか、④のドライバーズローンでの支払いを選択します。 ③は、いま自分(もしくは親権者の方)が契約しているクレジットカードを使用して支払います。分割可能な回数や金利などは、こちらでは決められずお客様とカード会社との契約内容によって違います。 ※学生の方のカードの場合、「限度額」が足りずに決済ができない、といったケースも。 ④ のドライバーズローンは、新たに信販会社「ジャックス」を通してローンで支払います。

教習代金のお支払いの流れ。

通常の流れだと、2回に分けてのお支払いとなります。
【1回目】お申し込みから5日以内に教習代金全額の中から【お申込金15,000円】を支払い
【2回目】入校の2週間前までに残金の支払い

※入校までの日数が短い場合、一括、でのお支払いとなります

教習代金の総額が25万円だとすると
【①お申込金】お申し込みから5日以内に15000円の支払い。
【②残金】入校の2週間前までに残金235,000円のお支払い。
※お申し込みから5日以内に、全額一括のお支払いも可能です。
※入校まで日数が無い(14日を切っている)場合、お申し込み翌日までに全額のお支払いが必要です。

【クレジットカード払いの場合】
①のお申込金・②の残金共にクレジットカード払いのご利用が可能です。また、お客様のカード契約の内容に沿って分割払いが設定できます。※利用可能なクレジットカードはVISA・Masterのみです。

【ドライバーズローンを利用する場合】
①のお申込金15000円は、現金もしくはクレジットカード払いが必要。②の残金についてのみ、ローン申請が可能です。 ※お申し込み金の額を増やして、ローン額を少なくすることもできます。ご相談ください。

ローンを組める・組めないケース。

すべての人がローンを組むことができるわけではありません。審査の内容は公開されていませんが、ここでは、ローンを組める人と組めない人の傾向についてそれぞれ紹介します。

ローンを組むときに重視されるのは、「継続的に返済可能である」ことです。 毎月一定の収入がある、信用情報に問題がない、他社借り入れが多すぎないなどが挙げられます。 なお、大学生なら自分でローンを申請することが可能です。この際、親権者の保証人が必要になります。保証人が審査を通れば高校生でもローンが組めます。
ローンを組めなかったケースとしては、クレジットカード代金の滞納、家賃の滞納、複数社から多額の借り入れなどがある、ブラックリストに載っているなどがあると、審査に通らないことがあるようです。

ドライバーズローンを組むには?

ここでは、ドライバーズローンを組むにはどのような手順で行えばよいのかをご説明します。

申し込み方法

お申込み後、アイテックにメールまたはお電話で「ドライバーズローンで支払いたい」旨ご連絡ください。お申込金15000円の支払いを確認後、申請用のURLが入ったメールをお送りします。あとは、そのままPCやスマホからWeb上で申請するだけ。来店や紙の記入といった手間なく申請頂けます。

【お支払いシミュレーション】

※金額は目安です。

25万円を36回払いに分割した場合

支払い回数の上限は36回です。250,000円を36回払いで分割した場合、以下のようになります。
初回のお支払いが11,425円。その後は、月々8400円×35回払い。
お支払いの総額は305,425円。総額から250,000円を引いた額55425円が分割手数料(利息)です。

250,000円を24回払いで分割した場合

初回のお支払いが12,950円。その後は、月々11,900円×23回払い。
お支払いの総額は286,650円。総額から250,000円を引いた額36650円が分割手数料(利息)です。
上記の例ですと、36回払いより24回払いの方が分割手数料の差額分18775円安く済みます。 月々の支払いに余裕があるなら、回数を減らした方がお得です。

運転免許ローンに申し込む際の注意点

免許に限らずローンを組む際には必ず事前審査が行われます。そのため、運転免許ローンは申し込み後すぐに利用できるわけではありません。もし審査に通らなかった場合は基本的に別のお支払い方法を選択することになります。再申請も可能ですが、条件を見直さないと通すのは難しいでしょう。

審査に落ちた場合、すぐに再度申し込みをしても対応してくれません。審査に落ちた原因を考え、それを改善しないかぎり審査に落ちる可能性は高いです。そのためにローン金額を少なくする、といった選択も取れます。しかし、今の借り入れ状況や収入の面で審査に通らなかったと思われる場合はすぐに通すのは難しいため、他の支払い方法をご検討いただくこととなります。

まとめ

今すぐ免許を取得したいという場合、もし手持ちがなくてもほとんどの人がローンを組むことができるということをご紹介しました。ただし、ローンを組む際には審査に通らなければなりません。普段から支払いの期限を厳守するなど、意識をすることで審査に落ちる原因を減らすことができます。運転免許ローンをうまく活用し、免許取得時の負担を軽減しましょう。